卒業式
裕美、
仁美が今日卒業したよ。
3年間、
仁美はがんばったよ。
式の最中、
1年の夏のきみの式に、
まだ知り合ったばかりなのにたくさんのクラスメートや部活の仲間、
そして先生方が来てくれたことをふと思い出したよ。
仁美がまっすぐに元気に頑張れたのは仲間や先生方おかげ。
ほんとうにいい学校にお世話になったよね。
昨日の雪が残ってて、
魁士の時の卒業式を思い出したよ。
あの時も雪が残ってたよね。
卒業式で君が涙を流したのを思い出して、
今日は涙をごまかすのに苦労しちゃった(^_^;)
式が終わってから教室に行くと、
ボクを見つけた仁美が廊下に出てくるや、
いきなり泣き出しちゃって・・・
彼女なりにいろんな思いがこみあげたんだね、
きっと。

今日の日を無事に迎えることをきみがどれほど望んでいただろうか。
きみがずっとそばで見守っててくれたおかげだよ。
ありがとう。
[PR]
# by taira_hisashi | 2012-03-01 23:30 | 2012年3月1日(木)
2010年4月16日(金)
Happy birthday to you♪
Happy birthday to you♪
Happy birthday dear Hiromi♪
Happy birthday to you♪

また1週間だけお姉さまだね!
って言うといつも怒ってたっけ・・・(^_^;)
楽しくやってる?
そっちでは歳とるの?
それともいつまでも年齢変わらないの?
俺がいった時、俺のことわかるかなぁ?
俺はいつも裕美の写真見てるから絶対にわかるけど・・・

お誕生日おめでとう♡
[PR]
# by taira_hisashi | 2010-04-16 21:34 | 2010年4月16日(金)
8月16日(日)
1時、相変わらず呼吸時に声が出る。足先が冷たくなっている。
1:50、心臓の動きが遅くなり始めたので、看護士さんと相談してみんなに電話する。親父お袋息子娘が駆けつける。みんなで裕美を見守る。
呼吸時の声は相変わらずだが、だんだん弱々しくなる。
5時、持ち直し安定する。
12時、交代で昼食。
裕美の熱は35度台で血圧はかなり低い。
裕美の最期に立ち会うべくみんなが朝早く(深夜)から集まり、始めは緊張していたが、だんだんお互いに会話も増え、和やかな雰囲気に。裕美がコミュニケーションの時を作ってくれている様な気がする。悲壮感が薄れていく。
16時過ぎ、親父お袋が一旦家に戻る。
親父お袋を待っていたのか、到着ぎりぎりに突然呼吸が止まり始める。
18:05、裕美天国に旅立つ。診断がT先生で以前お世話になったS先生のフィアンセと言うのも何かの縁を感じる。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:37 | 8月16日(日)
8月15日(土)
2時の体交で目が覚める。裕美の力強い寝息が聞こえる。枕元の冷蔵庫のサーモスタットのモーター音で寝息がかき消される時は、ベッドの柵越しに裕美の小さな胸が上下するのを見て安心する。
6時、目が覚める。一緒に寝てしまったようだ。先程より力強い寝息を立てている気がする。清々しい朝である。
お袋からメールで、夢に裕美が出てきたとの事。きっと今裕美はみんなのところへ会いに行ってるんだろう。この話をO先生にしたら、看護士さんの夢にも出てきたそうである。「おーい、俺んとこいつ来るんだぁ?」
今日から処置回診による傷口の洗浄は無くなり看護士さんによるガーゼ交換となる。
O先生より、むくみを出さない為に、点滴の量を減らすとの事。
親父お袋息子娘が集合。賑やかな病室である。
夕方、息子娘も裕美と一緒に眠る。
裕美の親友のIさん、Mさん、Sさんが会いに来てくれる。久しぶりの全員集合。みんな昔に戻り一生懸命に裕美に話しかけ、裕美も嬉しそう\(^o^)/
寝息と一緒に声が出る。苦しそうに聞こえる。声が止み寝息だけになると不安がつのる。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:36 | 8月15日(土)
8月13日(木)
4時半、一番蝉が鳴き始める。カーテンを半分だけ開け、空を眺める。鳥たちが仕事場(?)に向かうのをボンヤリ眺めているうちに眠ってしまう。
夕べは、寝付きは良くなかったが、よく眠れたようだ。
7:49また地震。
O先生より、体力が落ちてきていると言われる。昨日の事で微かに希望を持っていたのだが、現実を突きつけられた気分である。
看護士のO様に歯を磨いてもらう。なかなか口を開けず抵抗を試みる?!
ずーっと眠っている。
休暇再延長を申請。
息子と娘が声をかけるが、たまに反応を示す程度。
T先生とO先生より、昨日まで減らしていた点滴の量を増やし尿の様子をみるとの事。点滴を減らした事によりむくみは抑えられているが、尿が減ってきている。何に起因しているか調べながら対応するとの事。尿の量がこのまま減っている事は、命にかかわる。
今日は一日中「眠れる森の美女」でした。王子様のキッスで目が覚めるんだっけ…?今日はゆっくり寝かせてあげる事にしますね!
20:30ホルター心電図(ワイヤレスで心臓の動きが分かる装置)を付ける。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:35 | 8月13日(木)
8月14日(金)
一晩中みているつもりが、いつの間にか寝てしまう。2時に目が覚め裕美の寝息を聞き安心する。
6時の検温37.6度。血圧やや低め。
髪の毛を手ですいてあげる。
よく眠っている。
ガーゼ交換、洗浄の時に体を動かすと痛がり目を開ける。
息子と娘が手を握り呼びかける。
ストマ(便)の交換をする。自分で言うのも何だが、かなり慣れてきた気がする。
点滴の量を増やしたが、尿の出がよくない。
みんなが帰り、裕美と二人きりになる。ベッドに横たわり、口を開け、必死に呼吸する裕美。時間だけが淡々と過ぎていく。呼吸が時折苦しそうに聞こえたり、止まるような感じがする。病室に裕美の呼吸音だけが響く。
今までの苦しい入院生活を考えると、「よく頑張った!」と褒め、「お疲れ様!」と労いの言葉をかけたくなるのは当然だが、それは裕美との別れを意味する。こんな複雑な状況、どうしたら良いかわからない。今はやるだけの事をやったのだから、自然の成り行きに任せるしかなく、その結果を受け入れなければならない事ぐらい分かっているつもりなんだが…でも裕美は本当に頑張った!辛かったろうに、弱音も吐かずに治療に耐え…
今も必死に呼吸してる。今夜は裕美の寝息を子守歌代わりにするとしよう。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:35 | 8月14日(金)
8月11日(火)
ようやく眠り始めたのに、5時過ぎに地震(静岡震度6弱)。起こされる(>_<)ここんとこ、続くなぁ…
朝から熱っぽい。アイスノンをもらう。なかなか眠れないようだ。
今日のガーゼ交換はかなり痛がった。 (>_<)途中婦長さんに呼ばれB先生より説明を聞く。ビリルビンとカルシウムの値が高いとの事。昨夜からカルシウムの値を下げる薬を使っているが、意識や言動が改善されない可能性もあるとの事。このまま苦しませるよりは、リラックスする薬(入眠剤)の投与を考えたらどうかと言われる。カルシウムの値を下げる薬の投与(3日間)を終えてから様子を見て適宜始める事を同意。この薬を使うと意識がかすれていくが、裕美の負担は無いとの事。裕美が穏やかになる事を望む。
息子がお袋に送ってもらい到着。
娘が部活から駆けつける。
T先生の回診。鼻の管を抜いて欲しいと頼み抜いてもらう。再び挿入する可能性あり。今晩は何事もなく明日の朝を迎えたい。
消化液を少なくする点滴(皮下注射)を胸に入れる(21:40)。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:34 | 8月11日(火)
8月12日(水)
夕べはよく眠れたみたい。面会人に昼寝させてもらえなかった事が逆に良かったのか…(^_^;)6時半過ぎてもまだ眠っている。
ガーゼ交換、パジャマ交換しても眠っている。時折、吐きそうな口をするが吐いていない。
昼になっても静かに横になっている。
床擦れの回診。今まで通りを続けるとの事。
娘がとても献身的に看病してくれる。
17:15何なく話しかけると反応が!少しだが会話ができた\(^o^)/会話と言っても聞いたことに「うん」と答えた程度だが(^_^;)いままでは痛がる声を聞き、こちらから一方的に話しかけるだけだったので感極まってしまう。間もなく回診にいらしたT先生にも答える。そして看護士のAさんに至っては写真を撮る時にピースサインまで!嬉しい(ToT)
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:34 | 8月12日(水)
8月9日(日)
夜はやはりよく眠れなかった。息苦しそうで、喉が乾き、何か食べたがる。ただ痛みは落ち着いているような気がする。
6時半、ようやくうとうとし始める。でも眠りは浅い。
両方のストマの交換。看護士のSさんの手際の良さと知識の豊富さにに驚く。パジャマもかえてもらい、体もふいてもらいサッパリした\(^o^)/
息子と娘が到着。花火大会の話を聞きながら眠る。子どもたちと交替で昼食。
腸の動きはあまりよくない(便の出が悪い)が吐き気が収まったのは良かった。
子どもたちと話す。母親の顔に。
O先生の回診。レントゲンの結果は、やはりまだお腹が張っているとの事。なので鼻の管はしばらくそのまま。どうしても何か食べたい場合は外して、また付ける事も可能だが、裕美の負担が大きいのでしばらく飲食は我慢する。息苦しさがあるのは腹水が溜まって横隔膜を圧迫して、小刻みに呼吸しなくてはならない為。腹水は栄養が多く抜いても又溜まるとの事。口からの良質な栄養をとる事が大切との事。でも腹水があると息苦しいし…よくわからない。
話し辛そうで会話もできず、飲み食いもできない。退屈しのぎにでもと久しぶりにテレビを観る。途中、地震があり驚いた。
いろいろな事があったが、裕美の痛みがだいふ和らいだ事がよかった(^_^)
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:33 | 8月9日(日)
8月10日(月)
夜から朝方にかけては相変わらずである。会話もできず、苦しむ裕美を見ているだけで、時間は容赦なく過ぎていく。良くなるならいいが、裕美に苦しい思いをさせているだけの様な気がする。何もしてあげられず無力感でいっぱいである。裕美がだんだん衰えていく気がする。せめて刹那の眠りを充実させてやりたい。
8時前に裕美眠りながら採血。
時折、声を出したりするが、しばらくそのままにすると又眠る。
シーツ交換。痛み止めを使わずにできた。又眠る。
看護士のAさんと婦長さんから味のついた氷は大丈夫と言われたので、早速グレープフルーツ味のアイスボックスを購入、裕美に食べさせる。
お袋が来てくれたので一旦戻る。
T先生より、採血の結果、カルシウムの数値が上がっている事を言われる。カルシウムの値に関しては下げる様に薬で対応するとの事。(20:25実施)
O先生より、感染予防の為に(効果は分からないが)メトロニダゾールという塗り薬を製剤して使用するとの事。今日のレントゲン写真から胃は正常に戻ってきているが小腸の動きがよくないとの事。
眠る時、呼吸が苦しそうである。
[PR]
# by taira_hisashi | 2009-08-17 21:33 | 8月10日(月)



3月に入院してしまった裕美へ。君が良くなる為ならば、僕の全ての幸運を君に捧げる。だから、神様お願いっ!
カテゴリ
第1週 (3/5-3/11)
第2週 (3/12-3/18)
第3週 (3/19-3/25)
第4週 (3/26-4/1)
第5週 (4/2-4/8)
第6週 (4/9-4/15)
第7週 (4/16-4/22)
第8週 (4/23-4/29)
第9週 (4/30-5/6)
第10週 (5/7-5/13)
第11週 (5/14-5/20)
第12週 (5/21-5/27)
第13週 (5/28-6/3)
第14週 (6/4-6/10)
第15週 (6/11-6/17)
第16週 (6/18-6/24)
第17週 (6/25-7/1)
第18週 (7/2-7/8)
第19週 (7/9-7/15)
第20週 (7/16-7/22)
第21週 (7/23-7/29)
7月30日(木)
7月31日(金)
8月1日(土)
8月2日(日)
8月3日(月)
8月4日(火)
8月5日(水)
8月6日(木)
8月7日(金)
8月8日(土)
8月9日(日)
8月10日(月)
8月11日(火)
8月12日(水)
8月13日(木)
8月14日(金)
8月15日(土)
8月16日(日)
2010年4月16日(金)
2012年3月1日(木)
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧